Creatorshead

株式会社クリエイターズ・ヘッドのつぶやき

セキュリティアクションを知ってますか?

現在、標的型攻撃やサイバー攻撃が政府機関や大企業だけでなく、中小企業にも向けられており、直接の被害だけでなく、セキュリティ対策の弱い企業は取引先を標的とした攻撃の踏み台ともなっています。

 

しかし、中小企業における情報セキュリティ対策の実態はと言うと、規模の小さい企業ほど情報セキュリティ対策への取り組みが不足している状況が確認されていることから、社会に深刻な影響を及ぼす可能性のあるセキュリティ脅威について、中小企業に対しても意識を高める必要があるという観点から、IPA情報処理推進機構)が中小企業のためのセキュリティ自己宣言であるセキュリティアクション「SECURITY ACTION」という活動を推進していて関係省庁もバックアップしています。

 

中小企業自らが、情報セキュリティ対策に取り組むことをセルフチェックで自己宣言する制度です。これは、安全・安心なIT社会を実現するために創設されました。

 

もしかすると今後「SECURITY ACTION」への取り組みをすることが、「プライバシーマーク」や「ISO/ISMS」といったように企業の取引上の信用度を示す認証制度と同様の効果を発揮するかもしれません。

 

この「SECURITY ACTION」が促す中小企業におけるセキュリティ対策の1番優先度の高いポイントはエンドポイント対策と言われています!いわゆるPCやタブレットなどの端末での情報セキュリティ対策ですね!

 

但し、セキュリティ対策の必要性は感じていても導入やランニングコストが高いということをネックに感じている中小企業の方も多いと思います!

 

弊社は、そのような中小企業に向けた安価で手軽なエンドポイントセキュリティ製品「Shield Share」を開発・販売しています!

 

ぜひ「Shield Share」で「SECURITY ACTION」を身近なところから取り組み、情報セキュリティ対策を始めましょう!

 

ちなみに弊社も既に「SECURITY ACTION」の自己宣言事業者に登録しており、積極的に社内のセキュリティ対策に取り組んでおります!