Creatorshead

株式会社クリエイターズ・ヘッドのつぶやき

エレベーターのアルゴリズム

日経XTECHの記事で、「イライラ解消、エレベーターのアルゴリズム」というなかなか興味深い記事を見たので、今日はこちらの話題をしたいと思います。

自社もそうですが、客先の高層エレベーターで打合せ時間ギリギリの焦っている際にエレベーター渋滞に巻き込まれるとイライラしますよね。

記事によると人間は60秒以上エレベーター待ちをするとイライラするとのこと。よってエレベーターオペレーション会社では、待ち時間をいかに60秒以内にするかというアルゴリズムを日々研究しているようです。

いろいろな仮説を立てながら最適なアルゴリズムを探っているようですが、確かに最近ビルによっては、階数ごとにエレベーターを分けているのは当たり前になってきてますが、アルゴリズムの観点から考えてみると「1つのカゴにはできる限り大人数で乗る」のが必要なようで、確かにある程度の定員に満たないと動かない(ドアの開いている時間調節との併用)タイプというのもありますね。

また、「ピーク時間の前後5分を避ける」という説があるようで、近年の研究では「ビルの居住人口の15%がピークの5分間にエレベーターを利用する」という結果が出ているらしく、利用時間をピーク時の前後にずらすだけでも、ストレスなくエレベーターに乗れる確率が高まるらしいです。

知らなかったのですが、エレベーターの車椅子用のボタンというのがありますが、これを押すと、扉の開閉時間が遅くなるような仕組みになっているだけでなく、同じ階に2台のカゴを配車してしまう仕組みになっているようで、エレベーター運用の全体最適化の妨げになり、エレベーター遅延の原因になるらしいです。

いずれにしても、エレベーターのアルゴリズムというのも奥が深いが面白いテーマだなと思います!

サッカーW杯日本代表番狂わせを予測できたか?

ちまたではサッカーワールドカップで世界的に熱狂しておりますが、昨夜、日本代表の試合があり、見事に強豪コロンビアに勝利しましたね!

下馬評では日本が圧倒的に不利とされており、日本人でさえもあまり勝利を予測している人は少なかったのではないでしょうか?かく言う私もその期待していなかった1人ですが・・・

AIや予測アルゴリズムを駆使したとしても日本の勝利を予測するのは、天災や公営ギャンブル予測並みに難しいと言えます。

試合開始5分足らずでコロンビアのDFがレッドカードで退場になり、10人対11人のハンデキャップマッチのような数的優位になる状況やコロンビアのエースMFが負傷中で本調子には程遠い出来だったとか日本にとっては勝てる幸運な要素がいくつかあったのですが、これを試合前に予測要素として考慮することは難しいですよね。

機械的な予測よりもタコとか猫とかが適当に?予測したほうが当たるのも事実なのですが、予測アルゴリズムというのはさまざまな要素の中からどの要素が予測結果にどの程度効いているのか?を探る宝探しのようなものだと思っております。

いずれにしても日本代表には、この勢いで1次リーグ突破をして欲しいと思いますが、次もコロンビア戦のような幸運に恵まれるとは限らず、逆の展開になるかもしれないので、あまり期待しすぎず1次リーグを突破したらラッキーくらいな感覚で応援したいと思います!

クラウドサービスの選び方

以前はセキュリティの脅威の観点から、なかなか企業での利用が進まなかったクラウドサービスですが、最近では、セキュリティ面での強化を各クラウドサービスベンダーがはかっていることもあってか?運用面での利便性もあって、さまざまな業務システムでクラウドサービスを利用するケースが増えています。

弊社もお客様からの要望により、インフラをクラウドサービスにした構築案件も増えています。弊社では既にAWSMicrosoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)、IBM Cloudといった主要なクラウドサービスは全て構築実績があり、基本的には弊社からはどのクラウドサービスにしたほうが良いといった提案は行っておらず、お客様から指定のクラウドサービス上でシステムを構築するというスタンスをとっております。

お客様がどのクラウドサービスを選択するか?という観点で、以下のポイントがキーになっているような気がします。

・コンピューティング性能(パフォーマンス)

・初期およびランニングコスト

・セキュリティ

・PaaS機能の充実度

・データセンターのリージョン

性能・パフォーマンスに関しては各社日々システムを増強しているので、正直利用してみないと分からないところがあり導入前に評価することは難しいところもありますが、コストとも関係しますが、各クラウドサービスとも無料枠というものが設定されていますので、無料枠で性能面も含めたPoCをしてみると良いかもしれません。

コストに関しては各クラウドサービスとも基本従量課金のためストレージ容量など使えば使うほど高くなるということになりますが、できるだけランニングコストを抑えた運用を検討する必要があります。

そして何といっても重要なのがセキュリティ機能ですが、これはインフラ自体のセキュリティ対策の充実度もありますし、データセンター施設のセキュリティも重要ですね。

PaaS機能の充実度というのは、各社さまざまなミドルウェアAPIサービスを提供しているため、使いたいサービスにより選択するという形も今後増えてくると思われます。

最後にデータセンターのリージョンですが、これは日本国内にデータセンター(アクセスポイント)があるか?という話で、ネットワークパフォーマンス的に感覚的部分が大きいと思われますが、日本国内にデータセンターがあるという安心感を期待されるケースが多いのも事実です。

最近では、Boxなどファイルサーバーからの移行でオンラインストレージクラウドサービス利用やSalesforceを筆頭としたSaaS利用も増えてきていますので、今後クラウドサービスの利用がどんどん進み、オンプレミスのシステム導入というのは減少の一途をたどっていくのかもしれませんね。

地震予測

今朝がた大阪を震源とした大きい地震があり、大阪を中心として被害に遭われた方々は大変難儀されていると思われお悔み申し上げます。

昨日も群馬を中心に大きな地震があり、最近また大きな地震が続いており、余震も心配ですね。

日本は地震大国ですし、緊急地震速報など、大きな地震を予測するシステムも構築されつつありますが、まだまだ直前にならないと予測できず、地震が起こるもっと前の段階で予測できれば良いと思いますが、そこはなかなか難しいのですかね?

我々も需要予測など企業ビジネスに紐づいた予測モデルの構築は行っておりますが、地震など天災に関した予測というのは次元が違う予測だと思われますが、我々も今後は社会に貢献できるような予測モデル(アルゴリズム)の研究にも携わっていきたいと思っております!

ノンプログラミングの効用

最近のソリューション傾向として定型業務プロセスの自動化ということで、RPAがもてはやされておりますが、その際のシステム導入するポイントとして、いかにお客様自身で簡単に活用して運用していただけるようにするか?ということがあります。

お客様自身でソフトウェアを導入して運用していただくには、お客様自身で設定を変えたりすることが柔軟に簡単に対応できるか?という話になりますが、たいがいのソフトウェア(システム)は改修にはプログラミングが必要になるものが多く、これはプログラミングに慣れたベンダーに都度都度依頼して対応してもらうしか方策がなく、コストも掛かりますし、簡単な話ではありません。

弊社では、このような観点からなんとかお客様自身で簡単に活用・運用していただくことを目的としてノンプログラミングで簡単に設定できるソフトウェアを中心にお客様に提案しています!

例えば、高度な統計解析やR言語の知識が全く無くても相応のことがノンプログラミングで実現できる「IBM SPSS Modeler」や業務プロセス定義をノンプログラミングで設計・設定できるS-BPM製品の「Metasonic」、簡単なPCの定型業務をノンプログラミングで設計・設定できるRPA製品「Robo-Pat」などを取扱しており、極力弊社のようなシステムベンダーの助けが無くても、お客様自身で活用・運用ができるソリューション提供を目指しており、お客様からも大変ご評価いただいております!

お客様もソリューション導入される際には、ぜひ活用・運用面から鑑みてノンプログラミング製品を選択されるのが適切であると考えます!

IBMが開発者向け情報ポータルサイト「IBM Code Patterns」開設

日本IBMは6月11日、開発者向けの情報ポータルサイト「IBM Code Patterns」の日本サイトを開設した。

AI(人工知能)やクラウドなどのアプリケーション開発に役立つアイデアやコードのサンプル(Code Patterns)70種類を日本語でまとめたもので、例えば「ブロックチェーンを使ってTo-Doリスト・アプリを作成する」、「機械学習アルゴリズムのトレーニングを加速化する」などのパターンが公開されている。

それぞれのCode Patternsには短い概要説明と全体を俯瞰(ふかん)するフロー図などが記載されているほか「コードを入手する」からはGitHub上にApache License 2.0で公開されているソースコードを確認できる。

中にはデモ環境を提供しているパターンや、アプリの実装方法を解説する動画のリンクを掲載しているパターンもある。

それぞれのパターンには「IoT」や「Cloud」「Blockchain」などのタグが付いており、関心のある技術テーマなどからパターンを絞り込むこともできるという。なお英語版では6月6日時点で133種類のパターンを提供している。

日本IBMは「開発者がAIやブロックチェーンなどの新しい技術を使ってアプリを開発する際、APIとして公開されているテクノロジーの活用方法を習得する必要があるが、こうした技術は日々更新されているため、過去に習得した技術が使えなくなることもあり、開発者の負担も大きくなっている」として同サイトを公開。今後も開発者への支援を進めていく考えだ。

ビーコンを利用したIoTビジネス

現在、弊社では、とあるビーコン製造をしている企業と連携したIoTソリューション製品サービスを企画中です。

そこで今回は、ビーコンのビジネス利用の可能性に関して、簡単に紹介させていただくと、ビーコンとは、bluetooth信号を発信する発信機のことで、iBeaconは省電力で稼働でき、サイズもコンパクトなのが魅力です。

専用スマホアプリと連動させることで、例えば店舗や特定の場所に近づいた特定のスマホだけにクーポンなどの情報を発信することができます。

ほどよい匿名感のあるビーコンは、店舗と顧客の距離を適度に保つツールとなります。
ビーコンは、信号を発信して位置を知らせる発信機なので、車に取りつけて道の渋滞状況を分かりやすく把握したり、雪山で雪崩に埋まっても位置を特定できる雪崩ビーコンなど、活躍の場面はさまざまです。

最近では、ビル内の位置情報も把握できることで、企業や病院などで社員(看護士)の業務量調査・分析や移動案内、移動設備・機器の位置情報把握用としての利用も広がっています。

また、マーケティング分野において注目を集めているのは「iBeacon」と呼ばれるビーコンです。

iBeaconは、bluetoothを使った発信機で半径数十メートルの範囲において、数秒ごと一回の発信をおこないます。サイズは最小でコインくらいで、大きくてもタバコ程度と非常にコンパクトなのがメリットです。大掛かりな工事をせずに店舗への導入が可能で、フレキシブルに活用できるのが魅力とされています。

その反面、ビーコンの発信距離は約30mといわれているため、受信機とのほどよい距離感がポイントになります。

ビーコンは、細かい位置情報の把握、スマホアプリへのプッシュ通知ニーズでは、利用価値が高いデバイスになるでしょう!

ビーコンを利用した弊社IoTソリューション製品サービスにご期待ください!