Creatorshead

株式会社クリエイターズ・ヘッドのつぶやき

5Gがもたらす社会

2020年の実用化を目前に話題になっているのが、次世代の移動通信システム「5G」である。

5Gでは当然、通信速度の向上が図られるが、ほかにもIoT時代に即した「同時多接続」や「低遅延」といった要素が盛り込まれ、人々の暮らしを一変させる可能性を持っています。

なぜ5Gが必要なのでしょうか?

スマホでメールやSNSを送ったり、音楽や動画を楽しんだりしている範囲では、現状の4G通信速度でそこまで大きな不満はない。ところが、今後はIoT化が急速に進み、身のまわりのありとあらゆるモノがインターネットに接続することで、トラフィック(通信回線を利用するデータ量)の急増が見込まれます。

例えば、家庭の中に無数にある各種家電、いつも身に付けるウェアラブルバイス、自動運転カー、産業用ドローンなどがその代表格。ほかにも、遠隔医療(診断)、遠隔手術、農業用センサー、道路や橋梁の異常検知センサー、セキュリティカメラおよびセンサー、高齢者や子どもの見守り機器、ペットの見守りアイテムなど、例をあげようとすると枚挙にいとまがない。

それらの機器がワイヤレスで通信を行うことは間違いなく、そこで本命視されているのが5G通信網というわけです。

また、映像の8K化や立体化など、コンテンツのリッチ化においても、衛生放送や光ケーブルによる伝送はコスト面を含めて限界があるため、5G通信による解決が期待されています。

5Gの主要性能は、
1.超高速:最高伝送速度 10Gbps(4Gの10倍)
2.超低遅延:1mm秒程度の遅延(4Gの10倍の精度)
3.多数同時接続:100万台/?の接続機器数(4Gの30-40倍)

5Gのユースケースとしては、さまざまな分野でも適用が考えられいるが、上記の性能をふまえ、自動運転や遠隔操作、8K高解像度の画像伝送が可能な技術となり、自動車、ドローン、工場、造成/建築、遠隔手術での適用が現実味があると思われますし、日本の人口減少や高齢化社会の課題を解決する手段として、大いに期待が持てます!

給料が仮想通貨で支払われる?

メディアなどで仮想通貨という言葉をよく耳にする機会が増えてますが、安全性などの面から、まだまだ日本では投資目的の利用はあるとしても、普及というレベルには至っていないものと思われます。

そんな中、中南米コスタリカでは、労働者への給料の一部を仮想通貨で支払う動きがあると地元メディアのThe Costa Rica Newsが報じています。

同国では法律で定められた最低時給分が法定通貨コロンで支払われていれば、残りの給料をお金以外のモノなどで支払うことが許されており、コスタリカの労働者は、法定通貨以外の準貨幣を給料の一部として受取る場合があると言います。

準貨幣とは流動性があり、かつ価値の保存手段として認められた資産で、支払い手段としても使うことができるものです。

そのため世界中で取引され、一定の価値を担保しているビットコインのような仮想通貨は準貨幣に該当すると言えます。

コスタリカでは給料の一部に対する仮想通貨支払いが一種のトレンドになるようですが、仮想通貨が法定通貨の代わりになるということはありえないがコスタリカでは給料の一部を法定通貨で受け取ることもできるため、仮想通貨を労働の対価として受け取りたい人にとっては、働く際の大きなモチベーションとなると話しています。

ビットコインコスタリカでも徐々に浸透しており、複数のビットコインATMが設置されていて、企業や店舗などは仮想通貨の支払受付をすでに開始しており、その数も増加傾向にあるようです。

仮想通貨のマイニング事業を展開するSH Mining Technologiesは、仮想通貨が今後コスタリカに根付いていくと予想している。「マイニングの問題点として大量の電気消費が挙げられるが、コスタリカでは100%再生可能エネルギーを使ったマイニングを行うことができる。我々の工場では太陽光と風力を活用しており、再生可能エネルギーを活用することは、我々の収益性がアップするだけでなく環境にも優しく、これからのビジネスに欠かせないコンセプトだ」と述べています。

コスタリカのような新興国で仮想通貨が広がりをみせているのには、法定通貨の価値が大きく減少していることが関係しているのかもしれません。

2015年末からアメリカでは連邦準備制度理事会FRB)が利上げを実施しており、新興国から資本が流出し法定通貨の価格の下落が目立ちます。

コスタリカと同じ中南米に位置するアルゼンチンでは、今年に入り法定通貨ペソがドルに対して30%以上価格が下落しています。物価の上昇率を表す2018年のインフレーションは、25%を記録しています。

コスタリアの法定通貨コロンはここ一年間ドルに対して価格が安定しているものの、FRBが利上げを開始した翌年2016年頃から安値方向で推移しています。

FRBのパウエル議長は、良好な米景気を根拠に「段階的な利上げの継続が最善の策だ」と発言しており、さらなる利上げを示唆したことから、新興国の通貨安傾向は今後も継続するものと思われます。新興国法定通貨の価格が継続的に下落し物価が上昇すれば、コスタリカのように給料の一部をビットコインのような他の資産で受け取りたいという需要は高まると考えられます。

日本でも近い将来、給料が仮想通貨で支払われる時代が来るのでしょうかね?

JCBが「AI無人レジ」の狙い キャッシュレス主導権争い激化

新たなキャッシュレス決済が登場した。都内にあるクレジットカード大手の「JCB」の社内の売店。商品を手に取り、向かうのは、最近大手スーパーでは見かけるようになった無人のセルフレジ。驚きはバーコード認識ではなく、商品を台に置くだけで、価格と合計金額が表示される。

支払いは、JCBが発行する電子マネーQUICPay」と連動するスマホやクレジットカードをかざすだけで終わり。利用者は、「以前は、11時半とか12時半は、人が長蛇の列になってしまうが、そこが改善されたと思う」、「今では、瞬間的に会計できるので、スムーズにいける」などと話した。

その正体は、JCBが、実証実験を始めている無人レジ

実は、商品の識別にバーコードや電子タグなどは使われていない。利用者は「どうやって、食器や商品を認識しているかというのは不思議」と話した。その秘密は、最新のAI画像認識技術である。台に置かれた商品は、レジの上にあるカメラで、色や形が画像として捉えられる。この画像は、あらかじめ名前や価格など、商品情報とともにAI(人工知能)に登録されている画像と照合し、この情報がレジに表示される仕組みである。

ではなぜ、無人レジの普及を進めようとしているのか?

JCBイノベーション総括部・塚田晃規氏は、「加盟店さまがいっぱいいらっしゃって、多くの加盟店さまが直面している課題として、人手不足や人件費高騰が叫ばれている中で、お店さまに新しい価値提供をしていきたいと考えて、今回トライアル導入しております」と話した。

クレジットカード会社は、現在、加盟店から決済額の数%の手数料を徴収しているビジネスモデルであるが、スマホの普及にともない、情報通信やIT関連企業が、手数料無料でキャッシュレス決済に参入する中、AIを使った新たなシステムで顧客と市場を守れるのでしょうか?

東京オリンピック開催や来年の消費税増税に伴うキャッシュレス減税に伴い、今後、ますますキャッシュレス決済市場の主導権争いが激化することが予想されます。

ちなみに弊社もAI画像認識システムの構築を手掛けており、ソフトウェアの観点では、弊社で上記を実現することは十分に可能だと考えています!

深層学習(ディープラーニング)

AI(人工知能)で利用されている「深層学習(ディープラーニング)」について、その動作原理を簡単に説明しましょう!

深層学習(Deep Learning)とは、機械学習の1種である「ニューラルネットワーク(Neural Network)」の階層を深めたアルゴリズムです。

このニューラルネットワークとは、生物の脳の神経細胞ニューロン)をモデルとしたアルゴリズムで、1940年代から始まる長い研究の歴史があります。

深層学習モデルには、いくつかあり、まずは深層学習の世界において、画像認識といえばこれだ!という CNN(Convolutional Neural Network)というモデルがあります。日本語では、畳み込みニューラルネットワークとも呼ばれています。

また、音声の波形や動画、自然言語など可変長の時系列データのニューラルネットワークとして RNN(Recurrent Neural Network)というモデルがあります。但し、RNNには、長時間前のデータを利用しようとすると、誤差が消滅したり演算量が爆発するなどの問題があり、短時間のデータしか処理できませんでした。

そこで、1997年にRNNの欠点を解消するために誕生したのが、LSTM(Long Short-Term Memory)という長期の時系列データを学習することができる強力なモデルがあります。

LSTMは、ディープラーニングの流行と共に、急速に注目され始めたモデルです。
自然言語処理に応用され大きな成果をあげています。

また画像認識の世界では、教師データを学習し、それらのデータと似たような新しいデータを生成するモデルが必要となり、それを生成モデルと呼びます。生成モデルには、GAN(Generative Adversarial Network)やVAE(Variational Autoencoder)というモデルがあります。

上記のモデル類は、オープンソースPythonのライブラリとして、それぞれ提供されており、弊社は、お客様要件により最適な組み合わせをもって深層学習モデルを生成してシステム提供させていただきます。

深層学習/AIのシステムの要望ありましたら、ぜひお気軽に弊社までご連絡ください!

AIで服装コーディネート

ものぐさな私が欲しいAIアプリ第2弾は、前回の料理レシピに次いで欲しい服装コーディネートですが、これも調べてみると実現してくれるアプリが実在したのでした!

それが、コーディネートアプリ「XZ」というもので、手持ちの服を使った自動コーディネート提案エンジンを搭載しています。

これまで蓄積した300万点のユーザー所有服情報と、ファッションスナップのコーディネートパターンを解析することで、着こなしを自動で提案してくれるようです。

自動コーデ提案機能は、独自のアルゴリズムで構築したエンジンによって、「着回しに悩んでいた服」「いつか着ようと思って全然着ていない服」「買いたいけれど手持ちの服に合うか不安な服」などを登録すると、約3秒で着回しコーデが提示されるという。

さらに、気象庁の天気・気温と紐づけることで、所有する服を使った1週間分のコーディネートを提案する「コーデ予報機能」も搭載。

提案されたコーデや自分で作ったコーデを登録し、予定に合わせてコーデを考えたり、着用頻度を管理したりできる「ダイアリー機能」も提供。

また今後、買い足すべき新品アイテムを、所有する服を使ったコーデとともに提案する機能を12月にリリースする予定だという。

将来的にはユーザーの好みやテイスト・体型・ライフスタイルまで考慮した、自動コーディネート提案エンジンへと進化させる計画だという。

まさに私が求めていたもので目から鱗です!こうやってみるとAIは、既に私たちの生活に実用的なものになっているのですね!

AIでクッキング

AIの個人的な活用法として、ものぐさでこだわりの無い私は、よく困るのが休日の服装をどうするか?や妻からの質問で戦々恐々となる「今晩何が食べたい?」の回答で、自然と「何でもいい」という返しになるのですが、この返しをすると「何でもいいが一番腹立つ」ということで喧嘩のタネにもなりますね。

ということで、服装で言えば、購入済の服の画像を登録しておけば、当日の天気や気温、湿度、TPOなどにより、最適なコーディネートをしてくれるAIや料理で言えば、冷蔵庫にある食材を登録しておけば、それをベースとした最適な料理のレシピを提供してくれるAIなんかがあれば便利だなと思うのでした!

しかし既に料理レシピに関しては、これを実現するAIアプリが実在したのでした!

それが、「今日、何作ろう」からの解放!AI(人工知能)が献立を考えてくれる「レキピオ」というアプリです!

AI(人工知能)が献立を考えてくれる「レキピオ」のイメージAI(人工知能)のクッキングアプリ「レキピオ」は、家にある食材や調味料を選択した後「誰と食べるか」「何料理の気分か」「がっつり?かるく?」などをAI(人工知能)とチャットするだけで、ぴったりなレシピを教えてくれる「冷蔵庫にあるもので良い感じに作る」アプリなんです!

「今日何作ろう」「できれば家にあるもので」という主婦の悩みを解消するために作られたというこのAI(人工知能)アプリで、なんと同志社生、京大生や阪大生など関西の現役学生により構成されたチームで開発されたとのこと。

イデアも技術も若いのにすごいですよね!

この先も様々な機能が追加されていく予定なので、今からチェックしておいて間違いはないでしょう。

約7割の主婦が抱えているという「今日、何作ろう」問題も、AI(人工知能)が解決してくれるなら毎日の楽しみになりそうです。

これで夫婦喧嘩のタネからも解放されそうです!

また、変わり種としてレシピをパターン学習し新感覚の組み合わせを提案してくれる「シェフ・ワトソン」というサービスがあるようです。

IBMの「ワトソン」エンジンをベースに開発された、AI(人工知能)のクッキングコンピュータ「シェフ・ワトソン」は、膨大な量のレシピデータをクロールし、分子レベルで食材の特徴や組み合わせの良し悪しを学習し「美味しさ」を研究。さらに調理方法や料理のスタイル、盛り付け方などもパターン学習しています。

つまり、どこの一流シェフよりも料理の知識は明らかに多く、美味しい組み合わせの探求心もピカイチと言えるでしょう。

そんな「シェフ・ワトソン」のサイトにアクセスしたら、まずは使いたい食材や作りたい料理のスタイル(イタリアン、日本食など)を入力しましょう。

「シェフ・ワトソン」が大量のデータの中から、どの食材と食材の組み合わせが美味しいのか、一般的なメニューから驚きの組み合わせまで、固定概念なしで純粋に共通項目より選び出し、最高・最良のレシピを教えてくれます。

ちなみに、うどん、ココア、トマトを使った新感覚ヌードルなんかを薦められるようです。斬新すぎる組み合わせですが、AI(人工知能)がそう判断しているので、その味には間違いはないのでしょうね?

他にも、この「シェフ・ワトソン」によるデータを元に、ニューヨーク最大の料理専門学校「ICE」が制作したレシピ本には「ベーコンのプリン」「りんごのケバブ」「きのことイチゴの料理」などがあるようで、どんな味なのか気になります!

AI(人工知能)のクッキングコンピューターでしか思いつかないような、新感覚のメニューを試したくなったら「シェフ・ワトソン」を使ってみましょう!

料理は、これで解決できそうなので、お次は服装コーディネートAIを探してみることにします!

セキュリティは事業を強くする

かなり前のとある記事で読んだ、DeNA社のセキュリティ信念「セキュリティは事業を強くする」経営目線での取り組みというのに感銘を受けました。

日本でも数少ない経営目線でセキュリティに対して積極的に取り組んでいる企業であり、DeNA社を見る目が変わりました。以下にDeNA社のセキュリティ信念の10箇条というのを記載すると、

1「本当に守りたいものを決める」

セキュリティに取り組み始めたときに陥りがちなのは、すべてを守ろうとすること。その結果、やるべきことが膨大になり、非現実的になってしまう。まずは「本当に大事なもの」を脅威から守った上で、範囲を広げていくべき。

2「わかりやすく、ぶれない基準」

セキュリティのルールがわかりにくいと、何かが起こったときに現場で判断できず、専門部署にお伺いを立てるようになる。それでは事業スピードが低下する。DeNA社の信念は「事業を強くするセキュリティ」なので、現場で迷わず判断できるようにわかりやすさに心を砕いている。また、基準がぶれてしまうと不信感を生んでしまう。だから「ぶれないも大事」だと強調している。

3「人に依存した対策にしてはいけない」

セキュリティ対策で最も難しいのは「100%にすること」だという。例えば、人の異動があればシステムのアカウントも変更するルールがあったとして、その作業は難しくはないが、100%やり続けることが難しい。人の作業にしている限りほぼ不可能で、システム化を図る。これはセキュリティ部の重要な役割になっている。

4「状況をコントロールできているかどうかが大事」

例えば、組織内で先月マルウエア感染が1件あったとして、それがマルウエアの活動を捕捉する網にかかって判明したのか、それともたまたま利用者が気付いて報告してきたのかで、全く意味が違ってくるという。もちろん、目指すは前者であり、コントロールできているかどうかが大事だという。

5「合意形成が何よりも大事」

セキュリティ強化には誰もが同意するが、それによって不便になることは避けたいと誰もが思っている。セキュリティ対策の最も重要な要素は「人」である。だからこそ合意形成が大事だという。

6「事件・事故が起こる前に動く」

セキュリティ事故を起こした企業は、その後、過剰ともいえる対策を取るようになる。過剰な対策は信念に逆行しており、だからこそ、事件・事故が起こる前に動くことが大事だという。

7「適切なセキュリティは企業の生命力を強くする」

個人情報が漏洩してしまうと、お客様対応、株主対応、パートナー企業対応、マスコミ対応、関係省庁対応、システム対応などが求められ、全従業員総出で対応することになる。その間は通常の事業が停止し、事業を進める上で最も重要な「人材」を疲弊させる。つまり、企業の生命力が弱くなる。企業の生命力を強く維持するために、適切なセキュリティを実施すると言う考え方である。

8「求められる強力な言語能力」

セキュリティエンジニアは、多くの人とコミュニケーションを取ること」だそうだ。セキュリティ対策は専門部署だけが奮闘していてもダメで、組織内のすべての人に協力してもらわないといけない。そのためには「相手に合わせて、わかりやすく説明できる」言語能力が大事である。

9「経営と話をする」

セキュリティ強化を図るには経営を巻き込むことが欠かせない。だから「経営と話をする」に反論する人はいないと思うが、「経営とセキュリティの話をする」だけでも意味がある。

10「セキュリティ原理主義になるな」

セキュリティを高めるのはいいことであるが、「セキュリティを高めるためのすべての行動が正しい」と考えてはいけない。そのように考えていると、開発現場とコンフリクトを起こすからだ。「セキュリティ的に正しいのでこうすべきだ」という考え方を「セキュリティ原理主義」と呼び、そうならないように自らを戒めている。

根底にあるのは「仲間を守りたい」という強い思いであり、企業のセキュリティに取り組む姿勢として大いに参考になる信念です!